ブッシープレコ日記(5月21日)

アルビノの子ブッシープレコを紹介。
ノーマル種から最低4匹のアルビノ系の稚魚が生まれた。

さて、繁殖した水槽の魚たちはブッシープレコの他には下記の通りである。

  • グッピー(雑種)50匹以上(自家繁殖中)
  • クラウンローチ2匹(幼魚)
  • ミナミヌマエビ100匹以上(自家繁殖中)

ブッシープレコ日記(5月18日)

ブッシープレコの稚魚が親元を離れ、ガラス面に付いている苔を食し始めた。
ふ化後約10日で体長は、約14mmである。中には、アルビノの稚魚もいるので、この写真は後日掲載しようと思う。

振り返ってみると産卵は、ヒーターが壊れ、水温が20度付近まで低下して、数日してから行われた。水温低下が刺激になったのだろうか?

ボウリングショップ アップのHP運営担当者の備忘録?